1. 俺がデリヘル開業までにしたこと

俺がデリヘル開業までにしたこと

俺は2年前にデリヘルを開業した。

最初の半年くらいは利益はほとんど無く、どうなる事かとヒヤヒヤしたが、それからは安定している。

デリヘルのオーナーとして安定した経営ができると、信じられないほどの収入が入ってくる。

さて、そんな俺のデリヘル開業サクセスストーリーを紹介しよう。

まず、とにかくデリヘルの経営を机上でしか知らなかったので、店員になってみた。

実際にどんな風に運営されているのか、どんな問題が想定されるのか、その身を持って知るべきだ。

どんな事にも関心を持って全力で取り組んでいると、より上の仕事も任せてもらえる様になる。

教育や管理業務、スタッフやキャストの採用などなど…etc

3年ほど勤め、デリヘルを運営する上での一通りの業務はできる様になった。

次に、私が働いていたグループではフランチャイズオーナーになる制度があった。

それを利用して、雇われの経営者になる事ができた。

コンセプトや商圏など自分で考え、新店舗をオープンさせてもらった。

この時、自分の中で温めていた最も勝算の高いアイデアは封印していた。

もちろん、真の独立・開業の時の為だ。

そんな私の最初のお店(正確には雇われだが)はすぐに売り上げが立った。

オープンして一年で30店舗ある系列店の中でも、中位くらいの売上は出せていた。

これはもちろん私の力じゃない。

大手のサポートのお陰だ。

ま、そんな感じでフランチャイズオーナーも3年やらせてもらった。

運営スタッフの頃と合わせて6年、この大手グループに関わる中で、人脈・ノウハウ・資金・アイディアを虎視眈々と蓄積していった。

そして、退職した。

すぐにデリヘル開業へ動き出し。

大きなトラブルや計算違いも無く、安定した経営をできている。

説明するまでも無いが、私のデリヘル開業が上手くのは6年勤めた大手グループのおかげだ。

心から感謝している。

デリヘルを開業したい人にオススメの大手グループ

デリヘル開業前にシンデレラFCグループで働いてみよう!|風俗デリヘル男性高収入求人
http://www.cin-gr.jp/column/2012/11/post-47.html